From Idea to Generation: The Creating of a Real Doll

From Idea to Generation: The Creating of a Real Doll

リアルドール - ミリタリー

成人のナイトライフと友情の類似性から、リアルドールは真剣な方法で登場しました。これらのリアルで高品質なセックスドールは、1980年代の業界に革命をもたらしただけでなく、ソリューション、価値観、そして実際の人間関係に関する疑問を提起しました。これは、リアルドールの進化、医学的進歩、人生への影響、そして将来の顧客にも当てはまります。セックスドールの技術は、合成皮革、タオル、干し草などの素材で作られた基本的なモデルから、100年前に遡ります。大航海中の船員は、孤独に対処するために、「ダム・ド・ヴォヤージュ」または「ダッチ・ワイフ」と呼ばれる間に合わせの人形を作りました。しかし、これらのオリジナルの反復は、 ダッチワイフ とはほど遠く、主に特徴が強調されていました。セックス ドールの今日の技術は、シリコンと複雑な出力システムの発明とともに、20 世紀後半に発展しました。1990 年代半ばにマット マクマレンが手がけたガール ドールは、大きな進歩を遂げました。歌手であり彫刻家でもあるマクマレンは、単なる製造業を超えて芸術の域に達した、リアルで高品質なセックス ドールの製作を計画しました。

リアル ドールは、高品質のシリコンまたは熱可塑性エラストマー (TPE) で作られており、リアルな質感と硬さ、外観を備えています。内部の骨格は実際の人間の動きを模倣するように設計されており、さまざまな表現を可能にし、リアルな外観を強化しています。ガール ドールは、フレーム、肌の赤みの特性、頭皮の色の選択、そして何よりも個人の好みに合わせたビールの選択など、徹底的に手作りされています。シリコンと TPE の使用は、リアルな外観とリアルな感触をリアルな人形に実現するために非常に重要です。これらの素材は低刺激性で、簡単に磨くことができ、劣化しにくいです。複雑な成形システムと精巧に細部までこだわった人体工学により、人形は本物の人間の形を忠実に再現できます。ロボット工学と人工知能 (AI) の統合により、リアルな人形の進化に新たな境地が開かれます。メーカーは、リアルな人形の派生製品である Abyss Masterpieces に、AI 機能によって作成された立体モデルを搭載しています。これらの人形は会話をシミュレートし、肌の動きをモニターし、ユーザーの反応に反応し、よりインタラクティブで楽しい感触を生み出します。

Abyss Creations の AI 強化バーチャル ドールの 1 つである Concord には、アニメーションの顔の動きとスピーチの効率を備えたロボットの顔があります。ユーザーは、その性格、感情、および精神をカスタマイズして、関係をよりユニークにすることができます。これらの製品の開発により、友情や社会的な関係のためのさまざまな潜在的な用途も広がります。バーチャル ドールは、セックスや友情に関する一般的な認識を押し上げました。一部の人にとっては、それらはセックス キーワードのための健康的でプロフェッショナルなソケットを提供します。一部の人にとっては、それらはヘルパーとして機能し、精神的サポートを提供し、孤独を和らげます。このタンデム ポジションは、親密さの外観と人間とロボットの関係の価値に関する疑問を引き起こしました。バーチャル ドールに影響を与えるすべての要素は、人によって異なります。ストレスの軽減、精神状態の向上、友情の意味など、多くの結果が報告されています。しかし、批評家は、偽のヘルパーへの依存が、真の人間関係や文化的能力の発達を損なう可能性があると異議を唱えています。

ビッグドールの発展は、法律と倫理の問題によって禁止されています。 許可、搾取、望ましくないステレオタイプを強化する可能性などの状況は、間違いなく最も深刻な問題です。 それに加えて、子供用人形の製作には、より厳格な規則が課され、誤った使用を防止し、危険にさらされている人々を保護する必要があります。 ビッグドールの未来は長期的なシステムに基づいています。 AI、ロボット工学、および機械工学の進歩は、リアルな外観とインタラクティブ性をさらに補完するはずです。 研究者は本当に

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *